​理事長のご挨拶

昨今の子育てをとりまく状況は、ますます混迷の度を強めています。とくに育児を協同で行うという機運の高まりは、従来の母親中心の子育てという常識を大きく変えつつあります。そういう中にあって、本協会の社会的使命を心に刻み、活動をさらに充実させてまいります。

とくに今年は新型コロナウイルスの問題が社会の様子を一変させ、そのことが子どもの生活にも大きな影を落としています。より一層私たち大人の子どもに対するまなざしと対応の仕方が問われているところです。

こういう未曾有の状況にあって、「①保育:子育てアドバイザー研修開催事業及び一般保護者対象の講習会開催事業を行い、②受講者の能力向上に寄与し、③育児不安を抱える保護者への対応能力向上及び④養育不全や児童虐待への問題提起と解決への提案を図り、それによって地域社会に貢献する」ことを目的とする本協会の役割は、一層大きいと考えます。

多難な昨今の社会状況ですが、私どもはあえて遠隔講義をまじえ、開催期も移動して、今年も講習会を開催させていただく所存です。どうか積極的にご参加いただけますようご案内申しあげます。

                            2020年6月  理事長 根ケ山 光一

                        早稲田大学人間科学学術院教授